内緒のポーズ

京都の風俗求人の面接で言ったほうがいいこと

デリヘル店は風俗店の中で現在一番多くメジャーな風俗ジャンルといえます。風俗関係で仕事をしようとして求人情報サイトなどを見ると、一番多く見られる求人もデリヘル嬢です。そのような状況で、デリヘル嬢として仕事をしたいと考える女性も増えています。
デリヘル嬢の仕事をしたい場合、先ほど述べた風俗関係の求人情報サイトなどで自分の条件にあったデリヘル店を探します。そして、そのお店に電話やホームページやSNSアプリ経由などで相談をします。そうすると、年齢制限などをクリアしていれば面接が行われます。
面接ではスーツなどを着ていく必要はありませんが、一般常識の範囲内で服装を選びましょう。普段着で問題ありませんが、なるべく清潔感のある服にしたほうが好感を得られやすいです。面接で言っておいたほうがよいことのひとつが、処女であるかどうかです。処女かどうかについては、別にデリヘル嬢の仕事には濃厚なプレイは含まれていないので、直接は関係ありません。
しかし、お客様の中には処女に手こきなどの性的サービスをしてほしいと思う方もいらっしゃいます。逆に処女ではないほうが良いというお客様もいます。お店のほうから確認する場合もあると思いますが、恥ずかしがらずに本当のことをいったほうが後にトラブルがおきにくいでしょう。

POST LIST